マリーヒェン、毎晩、ミャーオミャーオと鳴き、コロコロ床の上を転がり、なでると目を細めてスリスリ。

子どもだと思っていたのに、すっかり大人の女(?)になってしまって、なんだか不思議な感じです(笑)

避妊手術をするために、予約を取りました。

宮古島には3つ動物病院があり、避妊手術の価格は15,000 円、20,000円、27,000円と大きな開きがあることを知りました。

今後別の猫もお世話になると思うので、一番安いところにしました。

しかし、この動物病院がひどいところだったのです。

狭い診療所に犬がたくさん、けたたましく吠えている。

獣医師は飼い主の私と話をすることも、マリーの健康状態をチェックすることもなく、すぐにマリーを預けるように言いました。

たくさんの犬が入っているケージの隣にマリーを入れておくというのです。

そのとき、朝の9時。手術は12時以降ですよ。

3時間もこの騒音と匂いの中で待つと?

12時にもう一回連れてきても良いともいわれました。

そういうのは、事前に電話で言ってくれるべきではないか。

マリーは行きの車の中では大暴れで大きな声で鳴いていたのに、恐怖におびえて小さくなって震えていました。

頭に来てしまい、病院を出ました。
もうひとつの動物病院に電話。

その獣医師は、手術前には相談・説明が必要だから、すぐにはできない、と。

きょうその相談をしてきたのですが、懇切丁寧にマリーを診察、手術の内容を説明してくれました。

最初の獣医師とのあまりの違いに驚きです。

あす手術が可能だったのですが、懸念事項があり、延期になってしまいました…。

マリーの鼻風邪がまだ治っていないからです。

別の獣医師の下で数カ月にわたって治療していましたが、治らず、相談した結果、先生が選んだ抗生物質の注射を3日間連続ですることになりました。

きょうはその1回目をしてもらい、あすあさってまた来院します。

これで治ってくれるといいのに!!

ところで、別の患者も連れて行きました...

DSCN3962[1]
このときはまだひどくありませんでしたが、右目が炎症を起こしてしまいました。


ザフィーラの赤ちゃんが結膜炎にかかってしまったのです…

目がひどく赤く腫れた子だけをとりあえず連れて診てもらいました。

ノミ・ダニもひどいので、スプレーも処方されました。

ノミは血を吸って子猫の栄養を奪うそうです。

免疫力が落ちると、病気も治りにくくなります。

マリーとザフィーラ一家でこうして手こずっている中、なんとジュリーちゃんにも問題発生!!

昨日、お腹の陰部の上の方に円形脱毛症を見てしまったのです…

DSCN3983[1]


なんだこれはと思い写真をとって獣医師に診てもらうと、「カビ」と。。。

湿気が多い沖縄、ベッドの下や押し入れにカビが発生していたけど、ジュリーにまでか…

もう遠い目になってしまった…

あす、ジュリーも獣医師に診てもらうかもしれません…

しんどい日が続きます。



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中