ベルリンから宮古島へ!猫とヴィーガン生活

2017年2月、ドイツ・ベルリンから宮古島へ移住しました! (ヴィーガンまでの経緯) ドイツ留学で太ったことをきっかけに健康志向の食事を始め、マクロビオティックと出会って食生活が一変。その後、工場畜産の現状に衝撃を受けてベジタリアンに、数年かけて今はヴィーガンです。2014年12月にベルリンのティアハイムから猫を受け入れ、猫の保護活動に関心をもちました。スカイプ語学学校(http://www.neaglossa.com/)の支援で動物愛護活動にますます力をいれていきたいと思っています。 最近はブレサリアンにも興味があり、一日2食の小食から始めています。霊性を進化させアニマルコミュニケーション、レイキヒーリングを深めていくのが目標です。

2017年04月

宮古島で見かける、「ヤギ汁」の旗や看板。
見るたびに悲しくなります。

うちの近所には、ヤギを飼っているお家がけっこうありますが、
みんな、食べるために飼っているのだろうか?

小さな小屋に入れられて、メーメー鳴いている。

先日、散歩していたときも、ヤギさん発見。

DSCN3724[1]
お父さんヤギ、お母さんヤギ、二匹の子ヤギ。
こんな狭いところに...

DSCN3722[1]

近づくと、子ヤギが興味津々に近づいてきた。


お顔をなでてあげてたら、メ~メ~メ~、外でたいよ、遊びたいよ~...と…

ごめんね、本当にごめんね。許してね…とその場を離れようとすると…

あ、あ、あ、下の隙間から、子ヤギがするりと、出てきちゃった!!!

もう一匹も!!

あたりをぴょんぴょん跳ねまわったり、草を食べたりしてる~!

お母さんヤギはメーメー!子ヤギたちを心配して呼んでいます。

DSCN3725

所有者を探したのですが、見つからず。

ようやく近くの人をつかまえて事情を話したら、ああ、よくあることだから大丈夫、あとでまた戻されるかと笑っていました...

ふう~...どうなることかと汗をかきました...

それにしても、家畜と呼ばれるヤギや牛などの飼育状況、決して良いものではなく、いつも見かけるたびに胸が痛みます。

私の夢は、こういうヤギさんたちを買い取って、土地を買って牧場つくって、のびのび生活してもらえるようにすること。

どうぶつは、食べるものではない。一緒に生活する仲間。

夢に近づけるようにがんばります。



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中















宮古島を初めて訪れたのは、2014年10月。

ドイツで結婚して3年経っていたのに、一度も夫と両親が会ったことがなかったため、日本(東京)へ里帰りすると同時に、夫が切望して止まない宮古島へのバカンスも計画したのでした。

日本へ帰国するのは数年に一回なので、会いたい人、やるべきことなどをあれこれ考えていた時、なんと、宮古島で私たちが滞在する期間に、お会いしたいと思っていた川島伸介さんが宮古島龍神レイキ講座を開催されることを知ったのです!!

宮古島への旅行、飛行機も宿も半年前に予約していました。宮古島レイキの日程は10月に入ってから知り、急いで、参加申し込みをしました。ピンポインで川島さんと宮古島でお会いできるとは...すごいめぐり合わせ。

初めて龍神レイキ講座を受けましたが、爆笑トークありで楽しかった~!
初級から上級まで一括でアチューメントしていただきました。
今度いつ受けられるかわからないのでね。

次の日の聖地ツアー、このときのすばらしい印象が宮古島移住へのきっかけになったかもしれない。

夫もご厚意で参加させてもらい、彼はこのときの経験を、ベルリンに戻ってからも、ず~っと大事に心の中にしまい続け、宮古島へのあこがれを募らせたのでした。



DSCN0432
天海山。左上が川島伸介さん。

DSCN0452
新城さんの石庭で

DSCN0441
磯津御嶽

DSCN0444
御嶽の鳥居の前、大神島を背景に。
この次の日に、二人で大神島にも行きました。
ピュアなエネルギーを感じるすばらしい島でした。


寒いドイツからやってきたので、南国の宮古島は別世界ですし、この土地のもっている強力な癒しのパワーに圧倒されました。

そしてこの旅から2年後...

移住準備をコツコツして、とうとう宮古島にやってきてしまいました~~!

未だにバカンス気分で、またドイツへ戻らないといけないのではないか...と、変な感覚ですけど。まだ宮古島に「住んでいる」実感が湧きません。

そしてそして、来月なのですが、5月8日(月)に、宮古島レイキが開催されます!
また川島さんとお会いできます。
今回は私もオーガナイズを担当しています。

ちなみに昨年9月にベルリンへ川島さんをお呼びして、第1回ベルリン龍神レイキ講座も行いました。川島さんがベルリンへ来てくださるなんて、夢みたいでしたね。
ベルリンレイキも楽しかったです。


お時間がある方、平日ですが、ぜひ5月8日(月)に宮古島レイキにいらっしゃってください!

詳しくは、下記サイトをご覧ください!

宮古島龍神レイキ講座

龍神レイキはふつうのレイキよりもさらに強力なパワーをもっています。

夫にも愛猫にも、食べ物にもレイキヒーリングを送りますが、
自分もふわ~っと良い気分になり、癒されます。

私は現在、宇宙根源レイキという、川島さんのオリジナルのレイキを授かり、使用しています。

光と闇を統合した大宇宙の根源から来ており、「天御中主神」のエネルギーなのだそうです。

「天御中主神」は、日本の神道における八百万の神のうち、この宇宙の最高神を表す神とか!

川島さんによると、「使えば使うほど、日常の自分の意識が、宇宙意識と同化していき、今まで感じなかったことや、わからなかったことが、わかるようになったり、あるいは、三次元世界、三次元のものと洗脳されてきた この世=空間や人間が、多次元構造になっていることを感じられるようになってくる」のだそうです。

場数を踏んで、宇宙の根源の意識と一体になれるよう、がんばります。


応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中





DSCN3651[1]


今年2月、長旅を経て、ドイツから宮古島にやってきました!

大変でした...愛猫ジュリーちゃん連れフライトは寿命が縮む思いだった...。

ペット機内持ち込みOKで、キャリーバックの許容サイズが一番大きいフィンエアーを選びました。エコノミークラスですが、50ユーロぐらい?をプラスして払って、ゆったり目の座席を予約しておきました。

ベルリンからヘルシンキまでは1時間半ぐらいですが、最後のほうでジュリーちゃんがおしっこをしてしまい、ペットシートを替えて~気持ち悪いニャ~!!と訴えられたのですが、降りるまで数十分はかかるので、何とか耐えてもらい、機内から出たらすぐに空港の身体障害者用トイレへ駈け込んでペットシートを替えてあげました。ジュリーちゃん、落ち着いてくれて、ホッ...。

そして越えねばならぬ高い山、東京までの長距離フライト。狭いところに押し込められて、飲まず食わず(あげても何も受けつけてくれませんでした)でじっとしているなんて、どれだけ嫌だろうね。数時間ごとに何度もにゃあにゃあ鳴いて、可哀想で仕方なかったです。

キャリーバッグの窓から手を差し入れ、ゆっくりなでたり、レイキヒーリングをしたりして、だましだましで。

人間も猫もほとんど寝ていません…

画面に表示される目的地までの時間をにらんで、ああ、あと8時間もあるのか、まだ6時間か..と、時間ののろさに絶望的な気持ちになったなあ(苦笑)

耐えて、耐えて、何とか、時計の針が進んでゆき、ああ、やっと、成田到着に漕ぎつけた(涙)!!

動物検疫も無事に済み、東京の実家に向かいました。
2日過ごして体を休めてから、宮古へ飛びます。

羽田・東京間は3時間ですが、ここでも心配事が。

日本の航空会社はペットの機内持ち込みNGで貨物扱いという、ジュリーちゃんにとって大きな試練があったのです。

ジュリーを貨物室に送るのが悲しくて心配で、ぎりぎりまで一緒にいてから、チェックインしましたが、フライト中も気になって仕方ありませんでした。大丈夫、私たちはここにいるからね、すぐまた会えるよ...と愛を込めて遠隔レイキを送りました。

そして3時間のフライトが終了。

到着したら、おしっこを中でしていて、にゃあにゃあ泣いていたので、さぞかし気持ち悪く、また独りぼっちで暗い部屋に居て、心細かったと思います。

ほかの乗客の犬もいたみたいだから、怖かったかもね...本当にごめんよ。

トイレでペットシートを替えて、レンタカーを借りて、さあ、宿へ!!

ああ、やっと着いた宮古島。
遠かったよ...(涙)

最初はペット可の広い一軒家のゲストハウスに泊まりました。

ジュリーちゃんはすっかり元気になって、家中を好奇心旺盛に探検。
ああ、良かった。
よく耐えてくれた、えらい、えらい。

ジュリーちゃんにこんな思い、もう2度とさせたくないです。
海外引越しはもう御免だ...

写真は、サトウキビ畑がみえる部屋でくつろぐジュリーです。

ありがとう、ジュリーちゃん。


DSCN3465[1]



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

このページのトップヘ