ベルリンから宮古島へ!猫とヴィーガン生活

2017年2月、ドイツ・ベルリンから宮古島へ移住しました! (ヴィーガンまでの経緯) ドイツ留学で太ったことをきっかけに健康志向の食事を始め、マクロビオティックと出会って食生活が一変。その後、工場畜産の現状に衝撃を受けてベジタリアンに、数年かけて今はヴィーガンです。2014年12月にベルリンのティアハイムから猫を受け入れ、猫の保護活動に関心をもちました。スカイプ語学学校(http://www.neaglossa.com/)の支援で動物愛護活動にますます力をいれていきたいと思っています。 最近はブレサリアンにも興味があり、一日2食の小食から始めています。霊性を進化させアニマルコミュニケーション、レイキヒーリングを深めていくのが目標です。

2018年05月

シリアでは、ノラ猫たちのための「水道管給餌」が行われています。

ダマスクスに住む Maher Dakhakhniさんが始めました。

ETD_Futter-Roehren-fuer-Katzen_02-640x352
キティちゃんがかわいい


アレッポで類似のエサやりシステムを見たとき、「なぜダマスクスでもこのプロジェクトをやらないのか」と問いかけ、スタートさせたそうです。

瞬く間に広がり、今では1200人がボランティアで、ノラ猫たちのために水道管を道路に設置しています。

ETD_Futter-Roehren-fuer-Katzen_03-640x420

ドライフードや水が入れてあります。

こんな感じで設置するようです↓




シリアの人々は過酷な状況に置かれていると思いますが、猫たちに愛情を注ぐ暖かな心の方々がたくさんいることがすばらしいです。



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

愛犬2匹とともに84日かけて600km を歩く、ザビーネ・ヴェスターさん。

ザビーネさんはドイツ西部メンヒェングラートバッハの動物保護活動家です。

"84 Tage - Laufen ein Leben lang"(84日の人生を歩く)というプロジェクトを行っています。


84tage laufen


84日というのは、オスの子牛の平均寿命。

牛乳産業にとって、オスは興味がない存在なのです。

ザビーネさんは2015年には工場畜産への抗議で630km 、16年にはヴィーガンのライフスタイルを訴え、メンヒェングラートバッハからミュンヘンを経てベルリンまで1388kmもの距離を歩いたそうです。

このプロジェクトを通じて、16年に設立された動物保護団体"Lebenshilfe Kuh und Co. e.V."へ寄付を募っています。

「家畜」と呼ばれている動物たちとの間違った付き合い方に、注意を促したいのです。

具体的には、乳牛を一群保護し、オスの子牛が母牛と84日以上一緒に居られるように、つまり、大人になれるようにするのが目標です。



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中


このページのトップヘ