ベルリンから宮古島へ!猫とヴィーガン生活

2017年2月、ドイツ・ベルリンから宮古島へ移住しました! (ヴィーガンまでの経緯) ドイツ留学で太ったことをきっかけに健康志向の食事を始め、マクロビオティックと出会って食生活が一変。その後、工場畜産の現状に衝撃を受けてベジタリアンに、数年かけて今はヴィーガンです。2014年12月にベルリンのティアハイムから猫を受け入れ、猫の保護活動に関心をもちました。スカイプ語学学校(http://www.neaglossa.com/)の支援で動物愛護活動にますます力をいれていきたいと思っています。 最近はブレサリアンにも興味があり、一日2食の小食から始めています。霊性を進化させアニマルコミュニケーション、レイキヒーリングを深めていくのが目標です。

カテゴリ: 猫 Katze

DSCN3929[1]



ザフィーラの赤ちゃん猫たちが、盗まれました。

今朝、納屋の箱の中を見ると、空っぽ。

ザフィーラもいないので、ザフィーラが赤ちゃんを連れて自分で引越したのかと思いましたが、その後ザフィーラだけが現れ、空っぽの箱の中をみてにゃあにゃあ鳴いています。

私の赤ちゃんはどこ?という感じで途方にくれているのです。

きのうの夜、犬が家の前で大きな声で吠えていました。犬を散歩させていた人の(?)懐中電灯の光を夫が見たといった。この人物が盗んだのか?それとも野犬が子猫を連れて行ったのか。でも血の跡などがない。やはり人間の仕業であるように感じる。

私たちはショックで、悔しくて、悲しくて…。

赤ちゃんたちはまだ生後3週間。母乳が必要なのです。

もしこの子猫たちが売りに出されている広告などをご覧になった方がいたら、情報をお寄せください!

白い猫が1匹、茶と白の猫が2匹、計3匹です。

DSCN3928[2]

DSCN3931[1]



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

気温31,6℃、湿度77%...

ジトーっと蒸し暑いですが、強い風が入ってくるし、周りに木や植物があるため、それほど
暑く感じず、昼間は冷房をつけません。

東京の夏のほうが不快でした。


DSCN3910[1]
ドイツから連れてきたジュリーちゃんは、最近、玄関のタイルで寝ています(笑)


DSCN3916[1]
お気に入りのキャットタワーで

DSCN3917[1]

ジュリーちゃんはかわいいなあ。モフモフ、ムニュムニュしていて、ときどき、ムニュムニュ子と呼んでます(笑)

ベルリンのティアハイムから宮古島移住という、猫人生で華麗なキャリア(?)を積みました。


DSCN3858[1]

こちらは、いたずら好きのおてんば娘、子猫のマリーヒェン。

宮古島に移住早々の2月に、海岸に捨てられていたところを保護。

ジュリーの大人しい、繊細な性格の真逆、いつもチョコチョコ、チョコチョコ、何かをガリガリ、ピョンピョン飛び跳ね、遊んでほしくてにゃあにゃあにゃあ、うるさいやつです(苦笑)


DSCN3880[1]

こちらはうちの庭に来て住み着いた、ザフィーラとその赤ちゃん。
産まれて2週間ちょっとです。
かわいいでしょ?
まだネズミぐらいのサイズ(笑)

ザフィーラの妊娠発覚時は、え~どうしよう~!と慌てましたが、
これも何かの縁、私たちが責任をもって面倒を見ることに。
動物は自分を助けてくれる人がわかり、自分からやってくるといいますからね。
君たち家族の世話は任せてくれ。

経済的に大変ですが...

でも猫という美しい動物と生活できて、幸せです。










ザフィーラは繊細でおとなしい、愛らしい子。

2か月ぐらい前か、私たちに助けを求めるかのようにやってきました。

ガリガリで、涙の跡に炎症みたいなのを起こしている。
流涙症か?

毎日ご飯をあげて、顔を洗ってあげています。

DSCN3827[2]

ある夜のこと。

このザフィーラ、雄猫と交尾しているところを発見してしまい!…

その後、ほどなくして…


妊娠発覚!!


避妊手術をすぐにさせるべきだったと後悔。

でも、堕胎は可哀想だ。

というわけで、出産を見守っていくことにしました。


DSCN3828[1]
出産直前のザフィーラ。セクシーポーズだね(笑)


これは出産数日前の家の廊下での写真。

DSCN3838[1]

DSCN3841[1]


部屋には先住猫たちがいるので、廊下にしかいれてあげられず。

ここで産んでもらおうと思ったのですが、蒸し暑すぎて、ザフィーラは外に出たがりました。

そして、満月の日の翌朝。

いつものようにご飯を求めに来たザフィーラのお尻としっぽに、血が付いている!
お腹が小さくなっている!

満月の日に赤ちゃんを産んだようです。

でも、その赤ちゃんはどこ?

用意していた藁を入れた段ボールは空っぽ。

おかしいなあと首をひねっていたら、今朝、庭からザフィーラが家の中にいる私の方を見てにゃあにゃあ呼びかけている。

ずっと様子を見ていると、納屋の隅の方に歩いて行った。

ついていくと、そこには4匹の赤ちゃん猫たちがいるではないですか!!

Saphira1



でも固い砂利の上!

ザフィーラはまだ若い猫と思いますが、ちゃんとママとして子猫の世話を甲斐甲斐しくしています。

ときどき、通りや家の反対側の茂みの方をみて、何かを探しているように鳴き、何か、誰かを待っている感じなのですが、父親を捜しているのでしょうか。
オーストラリアにいる夫の兄(大の猫好き)にザフィーラが4匹の子を産んだことを知らせたら、
「自分の理解が正しくて、正確に数えられていたら、君たちは7匹の猫がいるってことだね。君たちの家をアオシマって呼んでもいいんじゃない?」だって(笑)

アオシマは愛媛の猫島のことですね。今まで猫好きのドイツ人から何度も、日本にはアオシマっていう猫島があるんだよね~と言われたことがあります。ドイツでも有名みたい。

宮古島に移住した当初は1匹だったのに、今は7匹…

赤ちゃん猫が大きくなったら里親に出そうかとも検討していますが、どうなるかな。

宮古島には病気やケガの野良猫がたくさんいるので、自分の時間、経済力を最大限活用して助けてあげたいです。

Saphira2



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村


スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています
http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

DSCN3226[1]

旧西ベルリン地区にある、猫カフェ "Zur Mieze" に行ってきました。



Mieze というのは、「ニャンコ」という意味です。

お店のロゴに鍵盤がありますが、経営者のカロリーネ・ブラオネさんは音楽家で、音楽カフェでもあるんです。

http://static.bz-berlin.de/data/uploads/2016/02/katzencafe-1_1454529705-768x432.jpg

お店には立派なベヒシュタインが。ちょうど私たちがいた16時ごろ、男性がジャズが弾きはじめました。

DSCN3231[1]

毛並みの良い白い美しい猫ちゃん。
頭をなでたら、気持ち良さそうにしていた。お腹の方を触ろうとしたら、
「にゃ!」と怒られた(笑)

DSCN3246[1]

素敵なオレンジ色の猫ちゃん。

みんなよ~く人に慣れていました。



みんな仲良し。

7匹の猫がいました。

全員が猫のレスキュー団体から引き取った猫で、ウクライナから来たのだそうです。

カロリーネさんは生物学の博士号をもつドクターでもあります。

ミュンヘンの猫カフェ経営者の1人も確か博士号取得者ですが、こういう高学歴の人が、志をもって、確かなコンセプトで猫カフェを経営しているのは、ドイツの特徴かなと思いました。

ドイツは他国と比べ、衛生基準が厳しいため、猫カフェ経営はかなり大変と聞きます。役所が何かとうるさい。

超えないといけない試練が多々あるため、安易な気持ちではできないのですね。

私は日本の猫カフェには行ったことがありませんが、ニュースなどで見ると、マンションの一室など狭い空間に数十匹もの猫を住まわせ、衛生的に行き届いていないカフェが結構あるみたいですね。

日本ではお店を開店するにあたり、さほど厳しい基準は適用されないのでしょう。猫たちにとっては大変迷惑な話です。金儲け優先のモラルのない経営者が多くなってしまう
どうぶつへのリスペクトがない人は、経営する資格なし!です。


猫カフェは初めてだったのですが、ベルリンのカフェ独特の飾らない、素朴な温かみ、「猫がすき」という共通の想いで結ばれた優しい波動が満ちた、とても素敵なカフェでした。

DSCN3248[1]

帰り際に撮った、私たちが座っていた席。
誰かのお家に遊びに来たような、とても居心地が良い空間でした。
17時過ぎには満席でしたよ。
手作りケーキがフレッシュでおいしかった~!
ドリンクもオーガニックで、体にも環境にも優しいです。




応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています

http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中






DSCN2235[1]

お気に入りの椅子でスヤスヤ眠るジュリーちゃんです。

このイスは私の仕事用の椅子なのですが、最近はここがお気に召しているようで、
私は化粧台の固い椅子に座っています…

この平和な寝顔に、いつも癒されます。

ジュリーちゃんがティアハイムから我が家に来てから1年半が経ち、今月4歳になりました。

保護猫なので、4歳と言っても推定年齢なのですが、ティアハイムの書類には生年月日の欄に2012年6月とありました。

私たちの宝物。

うちにやってきた当初は慣れるまで「フウー」と威嚇され続け、これが収まるまで数カ月間かかりましたが、今では、撫でてもらいたいと甘い声を出したり、スリスリしてきたりと、かわいい甘えん坊になりました。

毎日毎日、愛が深まっていきます。



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています

http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中





このページのトップヘ