ベルリンから宮古島へ!猫とヴィーガン生活

2017年2月、ドイツ・ベルリンから宮古島へ移住しました! (ヴィーガンまでの経緯) ドイツ留学で太ったことをきっかけに健康志向の食事を始め、マクロビオティックと出会って食生活が一変。その後、工場畜産の現状に衝撃を受けてベジタリアンに、数年かけて今はヴィーガンです。2014年12月にベルリンのティアハイムから猫を受け入れ、猫の保護活動に関心をもちました。スカイプ語学学校(http://www.neaglossa.com/)の支援で動物愛護活動にますます力をいれていきたいと思っています。 最近はブレサリアンにも興味があり、一日2食の小食から始めています。霊性を進化させアニマルコミュニケーション、レイキヒーリングを深めていくのが目標です。

カテゴリ: ヴィーガンのひとびと

モラルのない畜産の現実や環境破壊などのニュースを読み、「このままじゃいけない」という気持ちになる人はたくさんいると思います。

本当は肉を食べたくない。

どうぶつを苦しめるのは、もうたくさんだ。

でも、肉を食べないと宣言したら、肉が好きな夫や子どもたちは何ていうだろう?

ヴィーガンがほとんどいない環境で、周囲の人は自分を変人と思わないだろうか?

私たちは社会の中で生きる人間ですから、周りと協調する必要があります。

でも協調は、妥協とは違います。

自分の想いを貫きながらも、周囲とうまくやることは可能なんです。

ノイシュヴァンシュタイン城への起点となるフュッセンに近いHopfen am See で暮らすミリアムさん。

Bildergebnis für Miryam Krenzel




Hopfen am See

小さな田舎町です。

保守的な昔ながらの生活を営む小さな街に、ヴィーガンはまずいないでしょう。

しかし、45歳の彼女は7年前にヴィーガンになることを決めました。

夫はバーベキュー大好き。
3人の息子も肉を食べます。

周囲からは批判的な質問を浴びせられましたが、彼女は、環境保護活動家のサイトによって自分なりの確信を得、ヴィーガンになることを宣言したのです。

„Am besten ist, sein Leben für sich zu leben – und zum Grillen sein eigenes Essen mitzubringen.“

「自分の人生を生きることが一番。バーベキューには自分の料理を持っていくんです」

みんなの反応はどうだったのでしょうか。

「とても好奇心旺盛で、私が持っていった料理を試したがるんです。
いつも数人分つくらないといけません」

自分が確信したことがあるなら、それを素直に実行に移せばいいのですね。

そういう確固とした人間を、周囲の人は受け入れるものです。

ブレないで生きるとは、こういうことだと思います。

結果として自分も他者もハッピーになれるはずです。




応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています

http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

https://besser.tv/media/k2/items/cache/1568cb712fed8ade5ab456a5e8a2893d_M.jpg

この写真を見ると、え、お肉屋さん!? とぎょっとしてしまいそうですが、

これは実は、ベルリンにある「ヴィーガンのお肉屋さん」です!


ドイツには90万人のヴィーガンがいるといわれています。

そのうちの10%がベルリンに住んでいます。

ヴィーガンの移住者も多いです。

ベルリンは次々にヴィーガンの新しいお店が生まれていっており、

パリやロンドンよりも多いそうです。

ヴィーガンとして生きるのは、ベルリンは理想的な街になりつつありますね。

この流れがどんどん加速して、すべての肉屋がヴィーガン肉屋になりますように!!



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています

http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中





ドイツはヴィーガンがブームです。

ドイツのヴィーガン市場が10億ユーロ規模になるといわれています。

ドイツで一番大きいスーパーマーケットチェーンEdekaでも、ソーセージやパスタ、スープ、サラダなど、動物性食品なし の商品を展開しています。

2016年1月~3月の肉が使われていない商品の売り上げは前年比14.5%増に伸びました。

最近では、120冊ものヴィーガンレシピ本が出版されました。

ドイツ・ベジタリアン協会によると、1983年のベジタリアン人口(当時はヴィーガンはほぼ皆無)は0.6%。現在は8%に上り、ヴィーガンは1%を占めています。

一昔前はベジタリアンのことを 

Körnerfresser

と馬鹿にする人もいました。

「穀物食い」というからかいの言葉です。


ヴィーガンも数年前は、カルト宗教?みたいな目で見られることもありました。

しかし、ドイツでは若い女性の牽引で、ヴィーガンが爆発的な勢いで広がっています。


Anzahl der Veganer und Vegetarier in Deutschland

ベジタリアンとヴィーガン人口の割合です。右肩上がりですね。

日々、この中に数百人が加わっているといわれています。

ヴィーガン社会の到来、わくわくします!!



応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スカイプレッスンのネアグロッサはどうぶつ愛護を支援しています

http://www.neaglossa.com/

フェイスブックもやっています。
ぜひお友達申請してください!
https://www.facebook.com/tierliebe8


いつでも里親募集中

Jamie-Lee Kriewitz

ジェミー・リー・クリーヴィッツさん(Jamie-Lee Kriewitz)はドイツのヴィーガンポップ歌手。


昨年「The Voice of Germany」というドイツのテレビ番組で優勝しました。


まだ17歳の高校生ですが、すごい歌唱力です。




彼女はアニメのコスプレのような衣装で歌うことで有名。

5月14日、スウェーデンのストックホルムで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテストにドイツ代表として参加することが決定しました。

このコンテストは毎年開催され、各国代表のアーティストはそれぞれ生放送で自らの歌を披露し、参加国が投票して優勝者を決めます。世界中の人々が視聴する人気コンテストです。

彼女が歌う「ゴースト」という曲です。





2年以上前からヴィーガンだという彼女が着る衣装は、動物製品はなし。

レザー、ウール、羽毛、シルクは一切使われていません。

コットンや麻、おからからできた絹のような繊維「SOYSILK」、ビスコースなどで作られています。

Manga-Mädchen Jamie-Lee Kriewitz in einer neuen Kampagne der Tierrechtsorganisation PETA


PETAの広告やビデオにも出ています。

 


ジェミーさんがヴィーガンになったのは工場畜産の現状を知ったことがきっかけ。

http://hinter-den-schlagzeilen.de/wp-content/uploads/2010/06/Tierfabrik.jpg

https://esser1.files.wordpress.com/2013/01/hc3bchnermast-qualzucht.jpg?w=350&h=200&crop=1



„Den Unterschied zwischen Hund und Schwein gibt es für mich einfach nicht - es ist unmenschlich, Tiere, die sich nicht wehren können, zu missbrauchen. Ich nehme meine Verantwortung allen Tieren gegenüber ernst und sage auch ‚Nein‘ zu Leder, Wolle und Tierversuchen”,

私にとっては犬と豚の違いはないんです。自分では抵抗できない動物を虐待するのは非人間的です。すべての動物に対して真剣に責任を感じ、レザーやウール、動物実験に「いいえ」と言います」

17歳とは思えないしっかりした考えをもって、決然としており、この若さですごい!と感心してしまいます。

日本でも人気になって、彼女の考え方に影響を受ける日本の若者が増えたら素敵なのに。。。と夢想しています。

コンテストで優勝してほしい!ジェミーさんを応援したいと思います!


応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村



先日、ベルリンの自然食品店、BIO COMPANY に行くと、

おや、とあるものに目が留まりました。

フリーペーパーの棚に初めて見る雑誌が。


201601_Vegan_World-1

「ヴィーガンワールド」という雑誌です。

パラパラめくっていくと、
「エキスパートに聞け!」と題し、
ヴィーガンコックのビョルン・モシンスキーさんのインタビューが載っていました。

彼はドイツで大人気のヴィーガン料理人。

ヴィーガン歴20年の「専門家」です。

今ではダイムラーやアリアンツなどの大企業、また連邦環境相などに招かれて

「ブルガーはどんな味がするのか」

「牛乳の代わりになる植物性食品は何か」

などについて講演も行っているそうです。

DSCN1764[1]


ヴィーガンになったきっかけについてこう語っています。


「決定的な瞬間というのがあったわけではなく、たくさんの小さな「アハ体験」があって、
だんだんとヴィーガンになった」


「特に毛皮反対デモに行ったときなんだけど、ある人がこう言ったんだ。
なぜ毛皮に反対を表明しているのに、レザーを着ているのかと。
ベジタリアンからヴィーガンへの切り替えには約1年かかった」


当時と今では状況はどう違うかとの質問には、こう答えています。


「当時は若い活動家が動物のために通りへ出ていた。
今日では大衆に関心が広がっている。弁護士、医師、教師、子ども、青少年、そして家族全体に」

動物の倫理のほかに、健康志向もヴィーガンの目的となっている今、
ヴィーガン食のメリットは何かという質問に対して、

「新しくヴィーガンになった人からの感想はわくわくするよ。
彼らは能力が著しく向上したと感じ、食後はよりパワフルになり、良く知られている「食後の倦怠」は
ない。神経性皮膚炎などのアレルギーもなくなることが多い。胸焼けもないし、コレステロール値も下がる。他にも利点がある。肉に入っているホルモン剤や抗生物質を避けることができる。食事はバラエティ豊かになるよ。僕は、まだキノアやキビなどの雑穀を調理したことがない人々を大勢知っている。すばらしいのは、ヴィーガンになると好奇心旺盛になることだ」

と答えています。

ベルリンには彼のレストランがありますが、オシャレ&クリエイティヴ。大人気です。

ドイツの伝統料理(もちろん肉づくし)がヴィーガンで味わえて、「これはいったい何から出来ているのだろう」とわくわくドキドキ、とにかく楽しいのです。

BIO COMPANYなどの自然食品店へ行くと、ヴィーガン食品が豊富に棚に並んでおり、

嬉しくて楽しくて恍惚としてしまう・笑

http://bio-markt.info/files/images/Bio_Filialisten/Biocompany/Baer%20logo.JPG

http://diamondoftears.de/wp-content/uploads/vegane_Burger_vegetarische_fleischfrei_rezept_gem%C3%BCseburger.jpg

しかもどれもおいしくて、さらに興奮!

今度はどれを試そっかな~と、ヴィーガンライフを満喫しています。

ベルリンはヴィーガン天国です。

この楽しさを多くの人と分かち合いたい!と日々思っています。


応援してくださると嬉しいです。更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村












このページのトップヘ